愛媛県八幡浜市保内町喜須来小学校在学生中心のスポーツ少年団

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
低学年のをコーチする場合、案外難しいのは「正しい投げ方」

を教えることです。


参考になるBLOGがあったので紹介します。


そもそも低学年の場合は、ソフトボールの2号ボールは体に合って

ないので軟式ボールくらいで教えた方がいいのでないでしょうか?

スポンサーサイト
昨夜は 監督、コーチ会議お疲れ様でした。

ほとんどグタグタとヨタ話に明け暮れましたが、

コーチ10数名でこうやって集まって話せるのは

喜須来ジュニアの強みだと思います。


2年生~6年生まで30名ほどいる喜須来ジュニアでは各選手の

レベルにあわせてコーチングするのは本当に難しいです。

・レベルにあわせて3チームくらいに分けてはどうか?

・周3回 2時間あまり中での効率のよい練習とは?

・試合前のウォーミィングアップの仕方

などなどの提案が出ました。
BLOGの更新が滞ってまして、各方面からお叱りの声ありがとうございます(^^;

さて、今日は某新聞の写真ですがあまりに参考になるので掲載させて

頂きました。m(__)m


oga.jpg



特に選手に見て欲しいのは、

体の軸 頭の位置

ミート時までよくボールを見る。

踏み込み足(左バッターの右足)の内に向いてのうねり。

左手の脇の閉め方

などなど私たちコーチが言うより写真見せた方が早いかも(^^;

ソフトボールのコーチをしていて

特に低学年を教えるときは

「じゃかましぃ~~い!」

「こりゃ~ 砂遊びすな!」

「喧嘩するなぁぁあ」

って肝心の事を教える前にするまえに言うことがた~くさん

あるのですが、昨日娘が教わっている 女子の「バレーボール」

のスポ少をみて感激・・ウルウル

小さい子から、六年生までみんな真剣にまた黙々と練習している

じゃないですか・・

やっぱり女の子は自立が早いなぁって感じました。


ソフトボールにも女の子を入れた方がいいかも・・ね。(^^;
20070325162444.jpg


グラウンドで6年生vs新チーム 親達の試合の後、

体育館で6年生の退団式がありました。

会長より訓辞と卒団記念品が一人一人に手渡されました。

その後、4年間チームの指揮をとった曽我監督の感動挨拶があり

みんなウルウル状態でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。